AGA治療

AGAでハゲたら植毛かカツラしかないの?進行度によるAGA治療法

AGAは進行性の脱毛症なんだ。だから、AGA治療をはじめない限り薄毛の進行は止まらない。育毛剤も育毛シャンプーも育毛サプリでも薄毛は進行し続けるんだ。

でも、AGA治療って副作用が怖いし、治療費も高額になりそうで何だか心配。だから、AGA治療を受けずに薄毛が進行していく人も多い。ハゲ坊主もAGA治療を受ける前は不安だったからすごくわかる。

AGA治療ってやっぱり薄毛の最終兵器というか究極兵器みたいなところがあるんだ。

そういうわけで、薄毛が進行して、進行して、進行し続けると植毛かカツラかのどちらかみたいなことになる。このページではAGAの進行度別の治療法を紹介するよ。

AGA(男性型脱毛症)って何?っていう方は以下の記事から参考にしてほしい。

AGA(ハゲ)の原因を知り、対策を打つ。育毛剤は効果がないと悟る日本人の薄毛の原因の90%は、男性型脱毛症(AGA)によるものだ。だから、AGAに対策を打たなければ薄毛を根本的に解決することはできない...

AGAの進行度はハミルトン分類で決まる

AGAの進行度はハミルトン・ノーウッド分類という基準があるんだ。AGAによる薄毛をⅠ期~Ⅶ期まで7段階に分けている。医学界でも薄毛に関する論文の多くはこのハミルトン・ノーウッド分類が使われている。それくらいメジャーな基準なんだ。一応、下の図のような感じになる。

このハミルトン・ノーウッド分類は全然覚えなくてよい(笑)。自分の薄毛のレベルがだいたいどのくらいになるかがわかれば良いよ。ちなみにハゲ坊主はⅢ期くらいでAGA治療を受けた。

AGAの進行は急激に起こることはない。年単位で徐々に、でも確実に薄くなっていく感じだ。だからAGA治療は早期発見・早期治療がカギになる。毛根が弱り切ったり、死滅するまでAGAが進行するとカツラか植毛という選択肢になる

ではAGAの進行度別の治療法を紹介するね。

薄毛の進行度別AGA治療法と料金

まずはざっくりとAGAの進行度(ハミルトン・ノーウッド分類)と治療法を説明したい。以下の感じだ。

薄毛の具合 治療方法
Ⅰ期 本人も自覚がない 生活習慣改善
Ⅱ期 薄くなってきたと感じる 生活習慣改善・育毛剤
Ⅲ期 薄毛を自覚する 生活習慣改善・AGA治療
Ⅳ期 自他ともに認める薄毛 AGA治療・生活習慣改善
Ⅴ期 薄毛から産毛に変わる AGA治療全力
Ⅵ期 産毛のみでもはやハゲ 植毛・AGA治療全力
Ⅶ期 毛根がないハゲ完全体 植毛・カツラ

Ⅰ期は生活習慣改善

Ⅰ期は薄くなってきたという自覚もほとんどないレベルだ。まあ昔と比べるとおでこは少し広くなってきたかなというくらい。

治療法としては生活習慣を改善して進行を遅らせることが大切だ。生活習慣で大切なのは『運動』『栄養』『休養』だ。理想的な生活習慣は以下の通り。

  • 週3回の運動
  • バランスの良い食事
  • 平均7時間以上の睡眠
  • ストレスの溜まらない生活

もちろんこれは理想的だけど、このような生活習慣であってもAGAは進行していく。どれだけ規則正しい生活習慣をしてもAGAの進行は止まらないのだ。Ⅰ期では薄毛の進行を遅らせることを重視するんだ。生活習慣について詳しくは以下の記事も面白いよ。

AGA治療は生活習慣の改善より超大切。規則正しくてもハゲるぞ!AGAは生活習慣の問題?そんなことはない! だってハゲ坊主は生活習慣かなり良い方だけど薄毛の進行止まらなかったからね。だいたいAG...

Ⅱ期は生活習慣改善とAGA治療薬(プロペシア)

Ⅱ期は髪をセットしても今までのようにいかなくなる。つまり、薄毛を自覚してくるんだ。

この時期はみんな育毛シャンプーや育毛剤を使い始める。これらの商品では薄毛の進行は防げないが、もしかしたら進行を遅らせることができるかもしれない。ただし、はっきり言って効果とコストが見合っていない

育毛シャンプーや育毛剤にお金をかけるなら、同じ料金でプロペシア(フィナステリド)を購入する方が良いだろう。詳しくは以下の記事が参考になると思う。

不都合な真実・・・。育毛シャンプーには育毛効果がないと気づくあなたは今までどのくらいの育毛シャンプーを使ってきただろうか? ハゲ坊主はスカルプDやチャッチアップ、ウーマシャンプーやサクセス薬...

ハゲ坊主はⅡ期からはAGA治療をはじめても良いと思っている。この時期であれば、月額7,000円でしっかりと髪の毛を維持することができる

AGA治療法 特徴 料金(月額)
プロペシア 抜け毛の進行を遅らせる 7,000円
フェザー プロペシアのジェネリック 6,000円

Ⅲ期はAGA治療薬の服用と生活習慣改善

Ⅲ期は髪の毛のボリュームが明らかになくなってくる。頭を洗っていても髪の毛の細さや弱さが指先に伝わってくるんだ。

このレベルになると生活習慣改善や育毛剤、育毛シャンプーなどよくある薄毛対策は一通り実践していると思う。それでも薄毛の進行が止まらないことに危機を感じているはずだ

ここからは本格的にAGA治療を受けた方が良い。この時期であれば、プロペシアとミノキシジルを飲むだけで改善される。ハゲ坊主はAGA治療をして1年でこんな感じだ。

プロペシアとミノキシジルだけの処方なら月額14,000円と何とか払えるレベルだ。

AGA治療法 特徴 料金(月額)
プロペシア 抜け毛の進行を遅らせる 7,000円
フェザー プロペシアのジェネリック 6,000円
ミノキシジル 発毛する 7,000円

ハゲ坊主のAGA治療体験をみてみたい方は以下の記事をみてほしい。

効果を写真で公開!AGAスキンクリニックの体験談を魂込めて語るよ!はじめに、本サイトはAGAスキンクリニック最高!というものではない。AGA治療の体験談をありのままに、魂込めて語るだけだよ。デメリットや...

Ⅳ期はAGA治療薬・外服薬と生活習慣改善

Ⅳ期は自他ともに認める薄毛だ。ハッキリ言う人は『髪が薄くなったね!』と空気を読まない発言をするだろう。

ここまで来たら選択肢は2つになる。

  • 薄毛治療をあきらめる
  • AGA治療を受ける

もちろん、薄毛治療をあきらめても良い。そんなことよりもやりたいことを楽しむ!というスタンスは素敵すぎてまぶしいくらいだ。

逆に現代の医学技術を屈指すれば薄毛は改善できる。薄毛治療に本気を出すという人はAGA治療一択だろう

最も良くないのはここまで薄くなっても『育毛剤』、『育毛シャンプー』、『育毛サプリ』に頼ることだ。すでにもうこれらの商品に効果がないということはわかったはずだ。Ⅳ期になるとあきらめるかAGA治療かのどちらかを決めた方が良い。

このレベルでもAGA治療を受けると回復する見込みは十分にある。こんな感じだ。

治療法としてはオリジナル治療薬を使うことで、治療薬の質を高める方が良いだろう。また、外用薬(塗り薬)も必要になってくる。ここからは治療費が月額30,000円を超えてくる

AGA治療法 特徴 料金(月額)
オリジナル治療薬 プロペシア+ミノキシジル+栄養サプリ 21,000円~
外用薬(塗り薬) ミノキシジルの塗り薬 10,000円~

Ⅴ期はAGA治療全力投球

Ⅴ期は額から頭頂部にかけて地肌が見える。髪型で何とか薄毛をカバーすることが難しくなるレベルだ。

Ⅴ期からAGA治療は少し手遅れになってくるレベルだ。頭頂部などは生えやすいが、額は毛根が死滅していることもあり、改善できない人もいる。それでも全力でAGA治療を行うと改善する人もいる。

ただし、AGA治療費はここから恐ろしいレベルで高額になる。オリジナル治療薬に外用薬、メソセラピーやAGA幹細胞再生治療を行うと月額50,000円~という震える金額だ

AGA治療法 特徴 料金(月額)
オリジナル治療薬 プロペシア+ミノキシジル+栄養サプリ 21,000円~
外用薬(塗り薬) ミノキシジルの塗り薬 10,000円~
AGAメソセラピー 有効成分を頭皮に注射 1回50,000円~
AGA幹細胞再生治療 幹細胞を使った再生医療 1回60,000円~

正直、ハゲ坊主はこのレベルになる前にAGA治療を受けるか、薄毛治療をあきらめるかを決めた方が良いと思っている。ここまで進行すると治療費的にきびしい。

Ⅵ期はカツラか植毛+AGA治療全力投球

Ⅵ期は薄毛というよりハゲに近い。額から後頭部にかけてまんべんなく薄くて産毛レベルの髪の細さだ。

ここからAGA治療を選ぶなら植毛になるだろう。植毛であれば毛根が死滅していたとしても、それなりの効果がある。つまり、以下の写真のようにあり得ないことが起きる。

もちろん、治療費は覚悟が必要だ。たぶん、一部の選ばれた富裕層しか受けることができないんじゃないかな。植毛は面積によって料金が異なる。このレベルの薄毛だと1,000,000円は覚悟した方がよい。また、髪が定着するまではメンテナンスも必要になる。

それならカツラを選択肢に入れたくなるのもわかる。カツラはAGA治療より安くて500,000円~800,000円だ。こちらは使い続けるためにはメンテナンスが必要。買い替えや予備のカツラも用意すると長期間ですごい金額になる。

治療法 特徴 料金
カツラ 被り物でメンテナンスが必要 500,000円~
スマートグラフト自毛植毛 後頭部の毛根を薄毛部分に植毛 1,000,000円~
Hair Moving植毛法 後頭部の頭皮ごと切り取って移植 1,000,000円~

Ⅶ期はカツラか植毛

Ⅶ期は産毛すら生えない究極完全体のハゲだ。ぺんぺん草も生えないとはこのことなんだ。

Ⅵ期とⅦ期では治療法自体は同じだ。カツラか植毛のどちらかを選ぶだけだ。変わるのは植毛の料金だ。植毛は植毛する範囲の広さで料金が変わる。だから、ハゲている範囲の広いほど価格が高くなる。1,300,000円くらいを覚悟した方がよいだろう

治療法 特徴 料金
カツラ 被り物でメンテナンスが必要 500,000円~
スマートグラフト自毛植毛 後頭部の毛根を薄毛部分に植毛 1,300,000円~
Hair Moving植毛法 後頭部の頭皮ごと切り取って移植 1,300,000円~

カツラVS植毛はどっちが良いのか?

ではカツラと植毛ではどっちが良いのだろうか?
これにはメリットとデメリットがあるが、お金に余裕があるなら植毛の方がよい。定着率が高くて、定着後はメンテンナスが不要になるからだ。

治療法 メリット デメリット
カツラ
  • 即座に効果が出る
  • 手術が不要
  • 好みのものを選べる
  • 不自然に見える
  • 取れるリスクがある
  • 頭皮環境はさらに悪化
  • メンテナンスが高額
  • 買い替えが必要
  • 予備も必要
スマートグラフト自毛植毛
  • 自分の髪が生える
  • 定着率が高い(90%)
  • 定着すればメンテ不要
  • 髪型を選べる
  • 治療費が高額
  • 稀に拒絶反応あり
  • 自毛の定着失敗あり
  • 手間がかかる
  • 医師の技術が大切
Hair Moving植毛法
  • 自分の髪が生える
  • 定着率高い
  • 定着すればメンテ不要
  • 髪型を選べる
  • 治療費が高額
  • 稀に拒絶反応あり
  • 自毛の定着失敗あり
  • 手間がかかる
  • 医師の技術が大切
  • 傷口が残りやすい

また、植毛には3種類ある。一番おすすめはスマートグラフト自毛植毛だ。スマートグラフト自毛植毛は新鮮保存機能付ドリルで、速やかに頭皮から毛根を抜きとり、熟練した人の手で薄毛部分に植毛する植毛方法だ。

スマートグラフト自毛植毛は傷口が残りにくい上に自分の髪であるため定着率が高い

一方で、Hair Moving植毛法はスマートグラフトが1mm程度ずつ毛根を採取して植え付けるのに対して、Hair Moving植毛法は後頭部の頭皮ごとメスで切り取って移植するというものです。デメリットとしては傷跡が残りやすくなるうえにメスで切ったところは生えてこない。

他にも人工植毛もある。これは人口の髪を植毛する方法だが定着率が低く、いずれは抜けてしまう髪の毛であるため、メンテナンスも必要だ。そのうえ、治療費も高いため、これを行うくらいなら上記2つのどちらかが良い。

植毛は大手AGAクリニックが得意

AGA治療として植毛を受けることのできるクリニックは限られている。治療薬によるAGA治療は皮膚科でも行っているが、植毛は大手AGAクリニックでしか行っていない

実は植毛は医師の技術によって移植した毛の定着率が大きく異なる。また、手術が必要となるため、それなりの設備も必要になる。そのようなことから、植毛を行っているのは大手のAGAクリニックがほとんどなんだ。

大手のAGAクリニックで植毛も手掛けているところはAGAスキンクリニックだ。AGAスキンクリニックはハゲ坊主が通っているクリニックなんだけど、治療方法も豊富で実績も多い。植毛を考えている人は無料カウンセリングを受けてみると良いよ。

 AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニックは業界最大手のAGAクリニック。テレビCMで見かけたことがある人も多いかもね。独自治療薬の安全性が高く、治療費も安いから人気なんだ。治療薬は医師自身が使って、効果と安全性を確認しながら開発された。しかも全国に51店舗もあるから通いやすい。
AGAスキンクリニックは安全性が高くて治療費が安いところを望む人におすすめなんだ。ハゲ坊主もお世話になっている。

無料カウンセリング あり
診察 予約制
治療院数 全国51院
特徴 ①業界最大手で治療費が安い
②独自開発治療薬で安全
③発毛実感率99%
④実績、症例数ともに多くて技術力が高い
⑤全国51店舗で通いやすい

詳細ページ公式ページ